Brandブランド紹介

Philosophy理念

日常の中に笑いを生み、人と人とのふれ合いの場をつくる。

笑顔の集まる
場所があります。

笑い声が溢れ、光が溢れ、美味しい笑顔が溢れ、日常の中に何かホッとする。ちょっとした会話、ちょっとした笑い、ちょっとした楽しさ、ちょっとした感動。
私たちはそんな小さなふれ合いの場を広めて行きたい。

居心地の良い場所を求めて人が集まり、小さな場所でこそ、人と人とのふれ合いが親近感を得て、自然と会話が弾み自然と笑顔が生まれます。楽しい時やうれしい時の笑は自然とこぼれてくるものです。かぶら屋とは、そんな人と人のふれ合いの場です。

Qualityこだわり

居酒屋のファスト・フード・サービスに徹する

『ちょっと寄って、ちょっと飲んで、楽しんで帰る。』お客様が求めている、こんな場所があったらいいな!ちょっと、よっていかない!ちょっと飲んでいかない?そこに、答えるスタイルがかぶら屋。ちょっと寄っていける場所になければいけない。ちょっと、飲んで行くお店だから、安くなければいけない。だからといって、まずかったら行かない。さらに、明るく、楽しく、元気になる場所だから、何か、また、行きたくなってしまう。

サービス

  • 自分が美味しいと思わなかったら勧められません!
  • 自分が美味しいと思ったからたくさんの方に食べていただきたくて。
  • 自分が楽しくなかったら本当の笑顔は生まれません。
  • 自分が一緒に楽しむことでそこには笑いが生まれます。
  • お客様と一緒に楽しむをコンセプトに
  • それが私達の最高のおもてなしと考えます。
  • 私たちは日常の“笑売”を心がけます。

かぶら屋のモツ

私どもは、小さな焼とん屋ではございますが、屠畜場のご協力を得て、毎日健康で新鮮なモツを特別に選別し運んでいただいております。また、良質なモツの鮮度を維持するため、毎日店舗でカットして串に刺しております。そして、より美味しくお召し上がり頂くために、タレ、塩、辛味噌の研究を積み重ねております。鮮度と味、比べてみて下さい・・・その違いを!

かぶら屋のモツ

高価格で優れたサービスは当たり前、低価格で優れたサービスをすることが私たちが目指す日常です。

都心部の単身者=毎日コンビニエンスストアや中食マーケットを利用。お弁当とビールを買って、家で一人の夕飯。同じお金をつかうなら、そこに会話があり、作りたての美味しい食べ物があったほうが良いのでは?団塊の世代の高齢化⇒ふれ合いを求める高齢者層の増加、毎日散歩がてらに一杯飲みに行く習慣性。若者から御年配まで、幅広いお客様に支えられているのが かぶら屋なのです。

Main menu主なメニュー

畜産場から鮮度抜群のモツを直送

毎日、屠場から届けられるので鮮度は抜群です。その新鮮な生のモツを使用したやきとん、新鮮なモツをじっくり煮込んだもつ煮は人気があります。その他に、真っ黒に煮込まれた黒おでん、アツアツの串揚げ、手作りのポテトサラダ、全国各地より、手作りの何かホッとするような商品を集めて日常をテーマに全て店舗で手作りしてご提供をしております。

  1. やきとん

    かぶら屋に訪れる多くのお客様はやきとんをご注文されます。どれも新鮮なモツはその日に屠場から運ばれます。かぶら屋の商品は手作りにこだわり、一本一本、丁寧に串に刺しています。ご注文をいただいてから一本一本想いを込めて焼きあげています。

  2. 黒おでん

    その名の通りつゆが真っ黒です! 真っ黒ですがしょっぱくはありません。 醤油をたくさん入れた色ではなく、出汁を煮詰めるとこうなります。 残念ながら、つゆは飲めません。飲むためのつゆではなく、煮込むためのつゆだからです。 その代わりと言ってはなんですが・・・ダシ粉と青海苔をかけて食べます。たこ焼きのようですが・・・ これがかぶら屋名物黒おでん!

  3. モツ煮

    かぶら屋のモツ煮は新鮮なモツと3種類の根菜を時間をかけて丁寧に灰汁を取り除き、オリジナルの味噌でしっかり味が入るまで煮込んでいます。キレとコクがあるスープは最後の一滴まで飲み干していただけます。辛味の異なる3種類の唐辛子などをブレンドした特製の卓上七味をさっと一振りして頂くことでより美味しくお召し上がり頂けます。

  4. フライ

    衣は薄く、軽い食感のフライはご注文を頂いてから一本一本丁寧に揚げています。揚げたてのフライはどれも熱々で外はサクサク、中はジューシー。ついつい笑顔が溢れてしまいます。漬けるウスターソースは、スパイスと醤油を引き立てた自慢のソースです。

  5. 金賞受賞の醤油唐揚げ

    今や国民食になった唐揚げ。お客様に旨い!の笑顔をお届けしたくて、唐揚げの聖地は大分県の中津市まで勉強に行きました。使用する部位、カットの仕方、タレの味から粉まで全てにこだわり、1年と半年を掛けてようやく理想の味に辿りつきました。かぶら屋の唐揚げは店内仕込み。特製のタレに揉み込んでじっくりと漬けています。なんとなくもう一つ食べたくなるような優しい味の唐揚げは一般社団法人日本唐揚協会主催 第11回からあげグラプリ®️東日本しょうゆダレ部門で金賞を受賞しました。

0105